チロエの教会群

チロエの教会群

チロエの教会群は、チリのチロエ島にある木造の教会堂(聖堂)群である。18世紀から19世紀の間にかけて建設された。現在では、159棟が現存している。イエズス会の教会として建設され、その建築様式は、ゴシック建築やバロック建築などのヨーロッパの様式と地元の様式が混ざり合ったチロエ様式が特色である。カストロ聖堂をはじめとする14の聖堂が、2000年にUNESCOの世界遺産に登録された。

概要
チロエの教会群は、チリのチロエ島にある木造の教会堂(聖堂)群である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  2. パンタナル

    パンタナル

  3. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

  1. スウェル

    スウェル

  2. ブラジリア

    ブラジリア

  3. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  1. エマス国立公園

    エマス国立公園

  2. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  3. バルパライソ

    バルパライソ

  1. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  2. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  3. イースター島

    イースター島

  1. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  2. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  3. チャン・チャン

    チャン・チャン

  1. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  2. リマ

    リマ

  3. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  1. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  2. バルデス半島

    バルデス半島

  3. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  1. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

  2. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  3. モアイ

    モアイ

  1. ポトシ

    ポトシ

  2. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  3. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  1. マルペロ島

    マルペロ島

  2. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  3. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  1. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  2. ティワナク

    ティワナク

  3. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  1. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  2. マヌー国立公園

    マヌー国立公園

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る