テネレ

テネレ

テネレは、サハラ砂漠中南部の一帯を指す呼称。「テネレ砂漠」と呼称されることもあるが、テネレはトゥアレグの言葉で「何も無いところ」を意味する。

ニジェール北東からチャド西部に跨る40万km²を超える広大な地域である。その境界とされるのは、西のアイル山地、北のホガール山地、北東のジャド高原、東のティベスティ山地、南のチャド湖盆地である。テネレの中心であるエルグ・デュ・テネレ(Erg du Ténéré, テネレの砂丘地帯の意)は、だいたい北緯17度35分、東経10度55分の位置にある。

テネレは酷暑と乾燥の不毛の大地で、かつての「テネレの木」(Arbre du Ténéré, 後述)を除けば、植物は生えていない。夏には42度に達し、年間降水量は25mm程度である。水の希少性では悪名が高く、井戸は何マイルも離れている。

歴史的に見れば、かつては不毛の砂漠ではなかった。大昔にはこの一帯は海底にあり、そのあとには熱帯林になった。テネレの西端からは巨大な恐竜の化石が多く発見されており、その中にはサルコスクスなども含まれている。

概要
テネレは、サハラ砂漠中南部の一帯を指す呼称。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  2. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  3. ロベン島

    ロベン島

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. フェズ

    フェズ

  3. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  1. メロエ

    メロエ

  2. ツォディロ

    ツォディロ

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  1. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  2. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  3. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  3. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  1. ドゥッガ

    ドゥッガ

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  2. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  2. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  3. ムザブ

    ムザブ

  1. W国立公園

    W国立公園

  2. メクネス

    メクネス

  3. スース

    スース

  1. ティヤ

    ティヤ

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. ティパサ

    ティパサ

  1. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  1. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  1. モザンビーク島

    モザンビーク島

  2. ケルアン

    ケルアン

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る