W国立公園

W国立公園

W国立公園(ドゥブルヴェこくりつこうえん)は、西アフリカにある国立公園。その名前は、公園内のニジェール川の流れが”W”を描くように曲がりくねっていることに因む。国立公園自体は、ニジェール、ブルキナファソ、ベナンにまたがる10,000km2を範囲とするもので、これら3か国がフランス領西アフリカの一部だった1954年に成立したものである。国立公園のうち、ニジェール国内の一部にあたる2,200 km2がユネスコの世界遺産に登録されている。 また国立公園の内ニジェールが1987年4月、ブルキナファソが1990年6月、ベナンが2007年2月、それぞれラムサール条約登録地となった。

2200平方キロメートルの面積を持つ公園では、450種類以上の植物、70種類以上のほ乳類、350種類以上の鳥類が生息し、ツチブタ、ヒヒ、カラカル、チーター、ゾウ、カバ、ライオン、サーバル、イボイノシシなどの大型哺乳類が多く生息することで知られている。また、2~5月には渡り鳥が飛来する。

概要
W国立公園(ドゥブルヴェこくりつこうえん)は、西アフリカにある国立公園。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  1. テネレ

    テネレ

  2. ティヤ

    ティヤ

  3. ムザブ

    ムザブ

  1. ケルアン

    ケルアン

  2. バサリ地方

    バサリ地方

  3. ティムガッド

    ティムガッド

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  3. アスキアの墓

    アスキアの墓

  1. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  2. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  3. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  1. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  2. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  3. スース

    スース

  1. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  2. アガデス

    アガデス

  3. ツォディロ

    ツォディロ

  1. テーベ

    テーベ

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. メロエ

    メロエ

  2. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. フレデフォート・ドーム

    フレデフォート・ドーム

  2. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  3. マラケシュ

    マラケシュ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る