ハラール (エチオピア)

ハラール (エチオピア)

ハラール(アムハラ語:ሐረር、英語:Harar)はエチオピア東部の都市で、ハラリ州の州都。首都アディスアベバからは約523km離れており、エチオピア高原の東の丘の上にある(海抜1900m)。ジュゴルと呼ばれる城壁に囲まれたハラールの町には87のモスクが存在し、16世紀から19世紀前半にかけてはイスラームにおける「第4の聖地」とも考えられていた。この歴史的街並みは、「歴史的城塞都市ハラール・ジュゴル」の名で、2006年にユネスコの世界遺産に登録された。

また、何世紀もの間ハラールは、エチオピア各地、アフリカの角、アラビア半島などを結ぶ交易の中心地であり、港を通じてそれ以外の世界に開かれていた。さらにハラールの名は独特のコーヒーの名前(ハラール・コーヒー)にもなっている。

日本語においては「ハラル」「ハラレ」「ハーラル」とも表記されるが、「ハラール」の表記が現地の発音に近い。

概要
ハラール(アムハラ語:ሐረር、英語:Harar)はエチオピア東部の都市で、ハラリ州の州都。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アガデス

    アガデス

  2. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  3. ムザブ

    ムザブ

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  1. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  2. マトボ

    マトボ

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  2. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  3. アスキアの墓

    アスキアの墓

  1. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. バンディアガラの断崖

    バンディアガラの断崖

  2. テネレ

    テネレ

  3. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  1. フィンボス

    フィンボス

  2. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  3. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  1. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  1. スース

    スース

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  3. ティヤ

    ティヤ

  1. W国立公園

    W国立公園

  2. フェズ

    フェズ

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. メクネス

    メクネス

  1. マプングブエ

    マプングブエ

  2. メロエ

    メロエ

  3. マラケシュ

    マラケシュ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る