パンタナル

パンタナル

パンタナルは南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置する、世界最大級の熱帯性湿地である。

パンタナルの名前の由来は、ポルトガル語の「pantano」(日本語では、沼地を意味する)である。水文学、地質学、生態学の側面においてパンタナールは特異な性質を持つ。1982年のRADAMBRASILにおいて、パンタナル地域には12種類の生態系が存在していると定義されている。

大部分がブラジルのマットグロッソ州とマットグロッソ・ド・スル州に所属し、一部がボリビアとパラグアイにまたがる。総面積195,000平方キロメートルであり[4][5]、そのうち1,878平方キロメートルが2000年に「パンタナル自然保護地域」としてUNESCOの世界遺産に登録された。また、ラムサール条約の登録地でもある。

雨季の間、パンタナルの80%以上が水没し地球上で最も水量が多い平原と化す。

概要
パンタナルは南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置する、世界最大級の熱帯性湿地である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  2. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  3. マルペロ島

    マルペロ島

  1. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  2. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  3. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  1. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  2. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

  3. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  1. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  2. スウェル

    スウェル

  3. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  1. バルデス半島

    バルデス半島

  2. チャン・チャン

    チャン・チャン

  3. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  1. モアイ

    モアイ

  2. ティワナク

    ティワナク

  3. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  1. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  2. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  3. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  1. マヌー国立公園

    マヌー国立公園

  2. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  3. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  1. イースター島

    イースター島

  2. リマ

    リマ

  3. ブラジリア

    ブラジリア

  1. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  2. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  3. チロエの教会群

    チロエの教会群

  1. エマス国立公園

    エマス国立公園

  2. バルパライソ

    バルパライソ

  3. ポトシ

    ポトシ

  1. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  2. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る