ポトシ

ポトシ

ポトシ(スペイン語: Potosí”シ”にアクセント)は、ボリビアの南部にある都市。ポトシ県の行政府所在地。ボリビアの首都ラパスから南東に約 440 km に位置する。アンデス山脈中の盆地にあり、標高約 4,000 m。人が住む都市としては、世界最高地点である。乾燥気候であるために植生には乏しい。

インディオの特徴を強く持つ人が多く、チョリータが多い。ケチュア語を話す人が多いが、スペイン語を全く解さない人は近年だいぶ少なくなってきた。

スペイン以前の状況は不詳であるが、町は1546年に鉱山町として設立された。人口も一時は20万人を数えた。労働力としてアフリカ人奴隷も連れてこられている。スペイン統治時代に金・銀を多く産出する鉱山が開発され、45,000 t の銀などを産出したが[1]、19世紀にはすっかり枯渇してしまった。銀の枯渇に加え、19世紀初頭の独立に伴う戦乱で、荒廃が進んだ。その後、19世紀末からは錫(すず)が大量に採掘されるようになり鉱山の活気も復活したが[2]、現在では錫もほぼ枯渇している。しかし、現在も主に手掘りで作業を続けている坑夫がいる。

1987年、セロ・リコ銀山を含め、他の構造物とともに世界遺産に登録される。奴隷制度の象徴として、負の世界遺産にも数えられている。

概要
ポトシ(スペイン語: Potosí"シ"にアクセント)は、ボリビアの南部にある都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. バルデス半島

    バルデス半島

  2. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  3. ティワナク

    ティワナク

  1. スウェル

    スウェル

  2. モアイ

    モアイ

  3. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  1. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  2. バルパライソ

    バルパライソ

  3. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  1. マルペロ島

    マルペロ島

  2. ブラジリア

    ブラジリア

  3. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  1. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

  2. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  3. チロエの教会群

    チロエの教会群

  1. エマス国立公園

    エマス国立公園

  2. パンタナル

    パンタナル

  3. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  1. チャン・チャン

    チャン・チャン

  2. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  3. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  1. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  2. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  3. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  1. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  2. リマ

    リマ

  3. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

  1. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  2. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  3. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  1. イースター島

    イースター島

  2. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  3. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  1. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  2. マヌー国立公園

    マヌー国立公園

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る