マダイン・サーレハ

マダイン・サーレハ

マダイン・サーレハ(アラビア語: مدائن صالح‎ マダーイン・サーレハ)は、現サウジアラビア領内に存在していた古代都市である。マダイン・サーレハは「サーリフ(Saleh)の町」を意味し、アル=ヒジュル(Al-Hijr, 「岩だらけの場所」)とも呼ばれた。ヒジャーズ北部に位置し、赤い崖のあるワジの集落Al-`Ula(アラビア語: العلا‎)からは約 22 km 離れている。古代には、この都市にはサムード人(Thamudis)やナバテア人が住んでおり、ヘグラ(Hegra)として知られた。

考古遺跡群はナバテア人たちが暮らしていた紀元前1世紀から紀元1世紀頃のものが中心で、とくに装飾の施された墓石群が特徴的である[1]。このほか、それ以前に遡る碑文も発見されている。マダイン・サーレハはナバテア人の考古遺跡としては、ヨルダンのペトラに次ぐものである。

2008年の第32回世界遺産委員会で世界遺産リストへの登録が認められた。サウジアラビアでは初の世界遺産である。

概要
マダイン・サーレハ(アラビア語: مدائن صالح‎ マダーイン・サーレハ)は、現サウジアラビア領内に存在していた古代都市である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ペルセポリス

    ペルセポリス

  2. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  3. 西逓村

    西逓村

  1. ラホール城

    ラホール城

  2. ブハラ

    ブハラ

  3. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  3. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  1. シャフリサブス

    シャフリサブス

  2. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  2. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  3. 富岡製糸場と絹産業遺産群

    富岡製糸場と絹産業遺産群

  1. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  2. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  3. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  1. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  2. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  3. 麗江古城

    麗江古城

  1. 屋久島

    屋久島

  2. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  3. サンチ

    サンチ

  1. マサダ

    マサダ

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. 龍安寺

    龍安寺

  1. アッコ

    アッコ

  2. 廬山

    廬山

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  1. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  2. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. 輪王寺

    輪王寺

  2. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  3. タッター

    タッター

  1. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. マナス国立公園

    マナス国立公園

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る