マナ・プールズ

マナ・プールズ

マナ・プールズは、国立公園を含むジンバブエ西部の野生生物保護地域。一帯は、ザンベジ川下流の氾濫原にあたり、雨季になるたびに一面が湖のようになる。この湖が乾き、後退するに従って、水を求めて大型動物が集まるようになる。そのことが、一帯をアフリカ屈指の景勝地・狩猟地にしてきたのである。

マナはショナ語で「4」を意味する(プールは英語)。これは、ザンベジ川中流域の蛇行地帯に4つの大きな湖が形成されていることに基づく。川に面している地域、島々、砂丘、ため池などを含み、マホガニー、イチジク、エボニー、バオバブなどの森林が隣接しているこの一帯は、アフリカ南部でも最も開発の手が入っていない国立公園の一つである。1980年代初頭には水力発電施設の設置から救われ、84年には世界遺産に登録された。

この一帯は、ジンバブエのなかでカバ、ワニのほか、ゾウやバッファローなどの乾季の大型哺乳類が集まる地域としては最大級のものとなっている。

概要
マナ・プールズは、国立公園を含むジンバブエ西部の野生生物保護地域。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ツォディロ

    ツォディロ

  2. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. ムザブ

    ムザブ

  2. ケルアン

    ケルアン

  3. フェズ

    フェズ

  1. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  1. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  2. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  3. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  1. テーベ

    テーベ

  2. マプングブエ

    マプングブエ

  3. ティムガッド

    ティムガッド

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

  1. バサリ地方

    バサリ地方

  2. スース

    スース

  3. ロベン島

    ロベン島

  1. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  2. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  3. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  1. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. メクネス

    メクネス

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  3. マトボ

    マトボ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る