マヌー国立公園

マヌー国立公園

マヌー国立公園は、マードレ・デ・ディオス県やクスコ県にまたがるペルー最大の国立公園である。ペルー政府に保護される前から、その近づきにくさによって余り荒らされることはなかったが、陸路での近づきにくさは今でも変わりがない。1977年にユネスコは生物圏保護区とし、1987年には世界遺産リストにも登録された。

面積は約 15,328 km² で、生物圏保護区としてはさらに2,570 km² が対象となっており、それらに加えて914 km² が「文化保護区」が設定されているため、関連する保護区の総面積は18,811 km² である。

この国立公園は、標高150 m のアマゾン盆地一帯から、標高 4200 m のプーナ(Puna)と呼ばれる草原に至るいくつかのエコリージョンを保護している。この地理的な幅によって、国立公園としては世界屈指の生物多様性を呈しているのである。植物種は全体で15000種を超え、1ヘクタールあたりの樹木種は250を上回る。また、北米の全野鳥種に匹敵しうる800種以上もの鳥類が見られるため、世界中の野鳥愛好者にとっても魅力的な場所となっている。

サラオと呼ばれる場所の土はアルカリ性などの成分や解毒作用が豊富に含まれており、動物たちの栄養源となっている。また、この場所では、動物たちが争わず共存している。

概要
マヌー国立公園は、マードレ・デ・ディオス県やクスコ県にまたがるペルー最大の国立公園である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. エマス国立公園

    エマス国立公園

  2. モアイ

    モアイ

  3. バルデス半島

    バルデス半島

  1. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  2. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  3. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  1. チロエの教会群

    チロエの教会群

  2. リマ

    リマ

  3. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  1. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  2. スウェル

    スウェル

  3. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  1. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  2. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  3. ブラジリア

    ブラジリア

  1. イースター島

    イースター島

  2. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  3. マルペロ島

    マルペロ島

  1. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  2. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  3. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

  1. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  2. バルパライソ

    バルパライソ

  3. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  1. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  2. ティワナク

    ティワナク

  3. チャン・チャン

    チャン・チャン

  1. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  2. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  3. ポトシ

    ポトシ

  1. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  2. パンタナル

    パンタナル

  3. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  1. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  2. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る