マンモス・ケーブ国立公園

マンモス・ケーブ国立公園

マンモス・ケーブ国立公園(マンモス・ケーブこくりつこうえん、Mammoth Cave National Park)とは、アメリカ合衆国ケンタッキー州中央部にあるアメリカ合衆国の国立公園の1つであり、発見されたうちで、世界でもっとも長い洞窟群であるマンモス・ケーブを含む国立公園である。洞窟群の正式な名称はマンモス・ケーブ・システムであるが、洞窟が形成された尾根の部分の名称を踏まえて、フリント・マンモス・トゥーヒー・ユードラ・ジョッパ・ジム・リー・リッジ・ケーブ・システムと呼ぶべきとの議論がある。1941年7月1日に国立公園として指定され、1981年10月27日に世界遺産としての指定を受けた。また、国際的な生物圏保護区に1990年9月26日に指定された。

国立公園の敷地は214平方キロメートル(52830エーカー)の広さがあり、ケンタッキー州のエドモンソン郡に位置するほか、わずかに東側の同州のハート郡・バーレン郡にも及んでいる。敷地の中央にはグリーン川が流れ、公園内でグリーン川に注ぐ支流のノーリン川もある。グリーン川の公園の西側境界近くにはダムが設置されており、川が自由に流れているのは、公園の東側の一部だけである。

200万人近い人々が毎年公園を訪れる。

概要
マンモス・ケーブ国立公園(マンモス・ケーブこくりつこうえん、Mammoth Cave National Park)とは、アメリカ合衆国ケンタッキー州中央部にあるアメリカ合衆国の国立公園の1つであり、発見されたうちで、世界でもっとも長い洞窟群であるマンモス・ケーブを含む国立公園である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園

    タラマンカ山脈=ラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園

  2. グラン=プレ

    グラン=プレ

  3. リドー運河

    リドー運河

  1. ハワイ火山国立公園

    ハワイ火山国立公園

  2. ブリムストーン・ヒル要塞国立公園

    ブリムストーン・ヒル要塞国立公園

  3. テオティワカン

    テオティワカン

  1. ダリエン国立公園

    ダリエン国立公園

  2. ミグアシャ国立公園

    ミグアシャ国立公園

  3. パナマのカリブ海側の要塞群

    パナマのカリブ海側の要塞群

  1. モンティチェロ

    モンティチェロ

  2. ロス・インヘニオス渓谷

    ロス・インヘニオス渓谷

  3. モルヌ・トロワ・ピトン国立公園

    モルヌ・トロワ・ピトン国立公園

  1. チャコ文化国立歴史公園

    チャコ文化国立歴史公園

  2. トラコタルパン

    トラコタルパン

  3. ビニャーレス渓谷

    ビニャーレス渓谷

  1. モンテ=アルバン

    モンテ=アルバン

  2. ティカル

    ティカル

  3. レッドウッド国立公園

    レッドウッド国立公園

  1. ベリーズ珊瑚礁保護区

    ベリーズ珊瑚礁保護区

  2. ヨセミテ国立公園

    ヨセミテ国立公園

  3. ブリッジタウン歴史地区とギャリソン

    ブリッジタウン歴史地区とギャリソン

  1. ラ・フォルタレサ

    ラ・フォルタレサ

  2. ナハニ国立公園

    ナハニ国立公園

  3. ルイス・バラガン邸と仕事場

    ルイス・バラガン邸と仕事場

  1. プエブラ

    プエブラ

  2. ピトン

    ピトン

  3. ランス・オ・メドー

    ランス・オ・メドー

  1. 独立記念館

    独立記念館

  2. モレリア

    モレリア

  3. ホヤ・デ・セレン

    ホヤ・デ・セレン

  1. パレンケ

    パレンケ

  2. ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ

    ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ

  3. リオ・プラタノ生物圏保護区

    リオ・プラタノ生物圏保護区

  1. テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観

    テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観

  2. エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ

    エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ

  3. レオン (ニカラグア)

    レオン (ニカラグア)

  1. バージニア大学

    バージニア大学

  2. チチェン・イッツァ

    チチェン・イッツァ

  3. ルーネンバーグ

    ルーネンバーグ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る