南アフリカの人類化石遺跡群

南アフリカの人類化石遺跡群

南アフリカの人類化石遺跡群(みなみアフリカの じんるいかせき いせきぐん)は、人類の進化の研究において、重要な化石人骨などが出土した遺跡群を対象とする南アフリカ共和国の世界遺産である。1999年にスタルクフォンテイン、スワルトクランス、クロムドライなどを対象として「スタルクフォンテイン、スワルトクランス、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群」の名称でユネスコの世界遺産リストに文化遺産として登録され、2005年にマカパン渓谷、タウング頭蓋化石出土地が追加登録された。現在の名称に変更されたのは2013年のことである。

アウストラロピテクス属が最初に発見された遺跡を含み、アウストラロピテクス・アフリカヌスやパラントロプス・ロブストゥスなど多数の人類化石が発見されている。このため、「人類のゆりかご」「人類発祥の地」などと呼ばれることもある。のちにルーシーやセラムの発見に代表される東アフリカでの発掘と研究の進展によって、東アフリカこそ「人類のゆりかご」などといわれるようにもなったが、21世紀に入っても南アフリカでは新種のアウストラロピテクスを含む重要な化石の発見があり、「人類のゆりかご」の異名を再び取り戻すことにつながる可能性を示唆する者もいる。

概要
南アフリカの人類化石遺跡群(みなみアフリカの じんるいかせき いせきぐん)は、人類の進化の研究において、重要な化石人骨などが出土した遺跡群を対象とする南アフリカ共和国の世界遺産である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. メロエ

    メロエ

  2. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  3. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  1. ハラール (エチオピア)

    ハラール (エチオピア)

  2. テネレ

    テネレ

  3. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  1. オカバンゴ・デルタ

    オカバンゴ・デルタ

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  1. ティムガッド

    ティムガッド

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  1. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  2. フェズ

    フェズ

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. ブウィンディ原生国立公園

    ブウィンディ原生国立公園

  2. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  3. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  1. テーベ

    テーベ

  2. ニョコロ=コバ国立公園

    ニョコロ=コバ国立公園

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  2. W国立公園

    W国立公園

  3. 泥のモスク

    泥のモスク

  1. マラケシュ

    マラケシュ

  2. マトボ

    マトボ

  3. フィンボス

    フィンボス

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  1. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  2. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  3. モザンビーク島

    モザンビーク島

  1. メクネス

    メクネス

  2. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. ツォディロ

    ツォディロ

  2. スース

    スース

  3. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る