モアイ

モアイ

モアイ(Moai)はチリ領イースター島にある人面を模した石造彫刻のこと。島の海に面したアフーと呼ばれる高台に、多くの場合海に背を向けて多数建てられている。大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約1000体ある。現在アフーに立っている約30体のモアイは、すべて近代以降に復元されたものである。水中のモアイ像も存在する。

モアイの様式は造られた時代によって変化する。初期のモアイとされるモアイは、高さ3m程度と小型のものが多いが、時代が下るにつれ大型化していった。顔も初期は人間に近い形だが、後期には細長くなっていった。 アフーに建てられたことのあるモアイには頭と胴体があり、プカオと呼ばれる赤い石を頭上に乗せ、目が入っていた。一方、製造途中で放棄されたモアイの多くは頭だけしか造られず、目もはめ込まれることはなかった。

モアイの目的・用途については、「祭祀目的で立てられた」と推測されているが、実際の祭祀形態については諸説あり、定説は未だにない。

概要
モアイ(Moai)はチリ領イースター島にある人面を模した石造彫刻のこと。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. パラマリボ市街歴史地区

    パラマリボ市街歴史地区

  2. エマス国立公園

    エマス国立公園

  3. マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区

  1. チャビン・デ・ワンタル

    チャビン・デ・ワンタル

  2. ナスカの地上絵

    ナスカの地上絵

  3. イースター島

    イースター島

  1. ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

    ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

  2. ラパ・ヌイ国立公園

    ラパ・ヌイ国立公園

  3. ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

  1. リマ

    リマ

  2. ボリビアのイエズス会伝道所

    ボリビアのイエズス会伝道所

  3. ティエラデントロ

    ティエラデントロ

  1. 大西洋岸森林南東部の保護区群

    大西洋岸森林南東部の保護区群

  2. ディアマンティーナ

    ディアマンティーナ

  3. リオ・アビセオ国立公園

    リオ・アビセオ国立公園

  1. チャン・チャン

    チャン・チャン

  2. ロス・グラシアレス

    ロス・グラシアレス

  3. バルパライソ

    バルパライソ

  1. スクレ (ボリビア)

    スクレ (ボリビア)

  2. スウェル

    スウェル

  3. ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

    ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート

  1. ポトシ

    ポトシ

  2. ティワナク

    ティワナク

  3. バルデス半島

    バルデス半島

  1. ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園

  2. セラ・ダ・カピバラ国立公園

    セラ・ダ・カピバラ国立公園

  3. マヌー国立公園

    マヌー国立公園

  1. 中央スリナム自然保護区

    中央スリナム自然保護区

  2. ブラジリア

    ブラジリア

  3. ロス・カティオス国立公園

    ロス・カティオス国立公園

  1. ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

    ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群

  2. ヴェアデイロス平原国立公園

    ヴェアデイロス平原国立公園

  3. チロエの教会群

    チロエの教会群

  1. パンタナル

    パンタナル

  2. マルペロ島

    マルペロ島

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る