モルダヴィア北部の壁画教会群

モルダヴィア北部の壁画教会群

北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。およそ1487年から1583年の間に建設された。

壁画に描かれているのは、キリストの受難と復活、オスマン帝国との戦争が主である。過酷な戦争の中、壁画は特別な意味を持って描かれた。当時、モルダヴィアの人々にとって最大の苦難が、イスラム教の大国オスマン帝国からの攻撃であった。そこで村の人々が、どこにいても勇気と励ましを得られるよう、教会の外にまで壁画が描かれた。村民はキリストの受難と復活を自分たちの運命に合わせて、つらい時代を乗り越えることができたと伝わっている。

1993年に以下の一覧のうち最初の7つが「モルダヴィア地方の教会群」としてユネスコの世界遺産に登録され、2010年に復活教会が拡大登録された。

概要
北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. レーロース

    レーロース

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. リメス

    リメス

  2. ポー川

    ポー川

  3. デルベント

    デルベント

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  1. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. オビエド

    オビエド

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る