モルダヴィア北部の壁画教会群

モルダヴィア北部の壁画教会群

北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。およそ1487年から1583年の間に建設された。

壁画に描かれているのは、キリストの受難と復活、オスマン帝国との戦争が主である。過酷な戦争の中、壁画は特別な意味を持って描かれた。当時、モルダヴィアの人々にとって最大の苦難が、イスラム教の大国オスマン帝国からの攻撃であった。そこで村の人々が、どこにいても勇気と励ましを得られるよう、教会の外にまで壁画が描かれた。村民はキリストの受難と復活を自分たちの運命に合わせて、つらい時代を乗り越えることができたと伝わっている。

1993年に以下の一覧のうち最初の7つが「モルダヴィア地方の教会群」としてユネスコの世界遺産に登録され、2010年に復活教会が拡大登録された。

概要
北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. リューベック

    リューベック

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る