モルダヴィア北部の壁画教会群

モルダヴィア北部の壁画教会群

北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。およそ1487年から1583年の間に建設された。

壁画に描かれているのは、キリストの受難と復活、オスマン帝国との戦争が主である。過酷な戦争の中、壁画は特別な意味を持って描かれた。当時、モルダヴィアの人々にとって最大の苦難が、イスラム教の大国オスマン帝国からの攻撃であった。そこで村の人々が、どこにいても勇気と励ましを得られるよう、教会の外にまで壁画が描かれた。村民はキリストの受難と復活を自分たちの運命に合わせて、つらい時代を乗り越えることができたと伝わっている。

1993年に以下の一覧のうち最初の7つが「モルダヴィア地方の教会群」としてユネスコの世界遺産に登録され、2010年に復活教会が拡大登録された。

概要
北部モルダヴィアの壁画教会群は、ルーマニアのモルダヴィア北部にあるスチャヴァ県に所在する、ルーマニア正教会の8つの教会を指す。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. ポルトヴェーネレ

    ポルトヴェーネレ

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. リガ

    リガ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. オビエド

    オビエド

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る