モン・ペルデュ

モン・ペルデュ

モン・ペルデュは、フランスとスペインの国境に近い、ピレネー山脈のスペイン側斜面の山頂の名前。山頂の標高は3352mで、これはピレネー山脈の山としては三番目に高く、石灰質の山としてはヨーロッパ最高峰を誇る。「モン・ペルデュ」はフランス語名称で、スペイン語では「モンテ・ペルディード」。ともに「孤立した山」の意味である。日本では「ペルデュ山」「ペルディド山」などとも表記される。

モン=ペルデュ山塊 (Massif du Mont-Perdu) といった場合、一般にはカヴァルニー圏谷からなる石灰質の山塊、およびその山頂群や稜線群、そしてモン・ペルデュそれ自体の最高点(絶頂)などを含むものとして理解される。

この山を中心とするフランス・スペイン国境付近一帯は、「トレス・セロルス=モン=ペルデュ」(Tres Serols-Mont-Perdu) もしくは「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」(Pyrénées-Mont Perdu) の名で、世界遺産に登録されている(前者は国連環境計画の「保護区・世界遺産リスト」での名称、後者はユネスコの「世界遺産リスト」での名称である)。

概要
モン・ペルデュは、フランスとスペインの国境に近い、ピレネー山脈のスペイン側斜面の山頂の名前。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. リューベック

    リューベック

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. リメス

    リメス

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る