ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(ヤヴォルとシフィドニツァのへいわきょうかいぐん)は、ポーランドのドルヌィ・シロンスク県にあるヨーロッパ最大の木造宗教建築物である。グウォグフにもあったが、1758年に焼失した。

「平和教会」(Friedenskirchen) と名付けられた福音派の教会が、現ポーランド領下のシレジア地方のヤヴォル、シフィドニツァ、グウォグフに建てられた。ヤヴォルの教会は聖霊の祈りに基づいたもので、シフィドニツァの教会は聖三位一体の祈りに基づいたものであった。それらは17世紀半ばのヴェストファーレンの平和のあとに起こった宗教論争のときに建てられたものなので、「平和教会」と名付けられたのである。

その物理的・政治的諸条件から、平和教会は信教の自由の模索への証明としての責務を負わされる存在となった。また、一般的にはハプスブルク家の下でのカトリック教会と結び付けられていたルーテル教会のイデオロギーの稀な発露となることが求められたのである。

シレジアのプロテスタントたちは3つの教会を建てることを許されたが、建設期間は1年以内、石やレンガを使ってはいけない、という命令の為それは木造で、しかも釘を一切使わないものであった。現存する二つの平和教会はユネスコの世界遺産に登録されている。

2005年には350周年が祝われ、ドイツとポーランドが共同で修復に当たった。

概要
ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群(ヤヴォルとシフィドニツァのへいわきょうかいぐん)は、ポーランドのドルヌィ・シロンスク県にあるヨーロッパ最大の木造宗教建築物である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. レーロース

    レーロース

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. リメス

    リメス

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. リガ

    リガ

  2. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. 歴史的城塞都市カルカソンヌ

    歴史的城塞都市カルカソンヌ

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. リラ修道院

    リラ修道院

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る