ライヒェナウ島

ライヒェナウ島

ライヒェナウ島 (Insel Reichenau)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島。コンスタンツ市のほぼ西側にある。島は人工の道で本土とつながっている。2000年にユネスコの世界遺産に登録された。島にはライヒェナウ修道院が建つ。修道院内の聖堂は、聖母マリアと聖マルコに捧げられたものである。他に、聖ゲオルクと聖ペトロ、聖パウロに献堂された教会が2つある。ライヒェナウの有名な芸術作品には、10世紀から残るオットー朝ルネサンス期(ザクセン王朝の神聖ローマ帝国時代の様式)の『キリストの奇跡』の壁画が含まれる。 修道院の代官所は2階建ての石造りの建物で、2階より上の階は14世紀に半木造建築からなっている。これは南ドイツにおける半木造建築で古い物の一つである。

修道院周囲に広大に広がる土地を所有しているのは、修道院にちなんで名付けられた村、ライヒェナウである。

現在、島は野菜とワイン生産で有名である。島の近隣には大きな湿地帯Wollmatinger Riedが広がり、渡り鳥の休息地となっている。

概要
ライヒェナウ島 (Insel Reichenau)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. デルベント

    デルベント

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. レーロース

    レーロース

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る