ラヴォー

ラヴォー

ラヴォー Lavaux は、スイス、ヴォー州、ローザンヌからモントルー郊外のシヨン城にかけて広がるレマン湖北岸の丘陵地帯を指す。葡萄栽培が盛んに行われ、スイス有数のワイン産地となっている。

葡萄栽培はローマ時代までさかのぼる歴史を持ち、現在の葡萄畑の原型は、この地を修道院が支配していた11世紀頃に形成されたと考えられている。テラス状に広がる葡萄畑と葡萄農家が暮らす小さな村が織り成す景観は、ワインづくりの長い伝統と歴史を評価され、2007年に「ラヴォー地区の葡萄畑」の名で世界文化遺産に登録された。

概要
ラヴォー Lavaux は、スイス、ヴォー州、ローザンヌからモントルー郊外のシヨン城にかけて広がるレマン湖北岸の丘陵地帯を指す。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  1. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. レーロース

    レーロース

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. リガ

    リガ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る