ラウマ旧市街

ラウマ旧市街

ラウマ旧市街(Vanha Rauma) は、フィンランドの町ラウマの中でも木造建築が並ぶ中心地を指す呼称。ユネスコの世界遺産に登録されている。

旧市街はおよそ0.3km² で、600軒ほどの建造物(家屋以外に倉庫なども含む)が立ち並んでおり、約800人が暮らしている。ラウマは19世紀初頭に旧市街の外側へと拡大していった。1640年と1684年の大火で焼失したこともあって、現存する最古の家屋は18世紀のものである。ほとんどの家屋は私有物で、一般市民が暮らしているが、2つの大通り沿いと町の広場の周りでは、おもにビジネス目的に使われている。

特に目を惹く建造物は水夫の家であったキルスティ (Kirsti) と、船主の家であったマレラ (Marela) である。前者は18世紀から19世紀に建造されたもので、後者はファサードのみ19世紀のものだが基本的には18世紀の建造物である。これらはともに現在博物館になっている。

木造建築が特徴的なラウマだが、石造建築物もある。聖十字教会、中世の絵画が所蔵された15世紀の旧フランシスコ会修道院付属教会、1776年建造のタウン・ホールなどである。ラウマ旧市街には、15世紀に建造された聖三位一体教会もあったが、1640年に焼失してしまった。

概要
ラウマ旧市街(Vanha Rauma) は、フィンランドの町ラウマの中でも木造建築が並ぶ中心地を指す呼称。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. デルベント

    デルベント

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. リメス

    リメス

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. レーロース

    レーロース

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  2. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る