ラス・メドゥラス

ラス・メドゥラス

ラス・メドゥラス(スペイン語:Las Médulas、英語:Las Médulas)は、スペインのレオン県にあるポンフェラーダの近郊に広がり、帝政ローマ時代に最盛期を迎えた金鉱山を主体とする人工悪地の、スペイン語地名である。現在は跡地となっている当地の金鉱山は、そこから産出される金鉱の枯渇がローマ帝国滅亡の遠因になったとされている。採れる金は砂金である。

ラス・メドゥラスは古代の鉱業によって生まれた産業遺産であり、優れた文化的景観を形成していることから、1997年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

概要
ラス・メドゥラス(スペイン語:Las Médulas、英語:Las Médulas)は、スペインのレオン県にあるポンフェラーダの近郊に広がり、帝政ローマ時代に最盛期を迎えた金鉱山を主体とする人工悪地の、スペイン語地名である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. デルベント

    デルベント

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. クレムリン

    クレムリン

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. エヴォラ

    エヴォラ

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. トルン

    トルン

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. レーロース

    レーロース

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  2. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る