ラポニア地域

ラポニア地域

ラポニア地域(英語: Laponian Area / フランス語: Région de Laponie)は、スウェーデンの世界遺産の一つである。スウェーデン語では単にラポニア(ラポーニア、Laponia)と呼ばれる。

ラップランドのうち、スウェーデン領内の自然が多く残る山岳地帯を対象とし、行政上は、ノールボッテン県のイェリヴァーレ(Gällivare)、ヨックモック(Jokkmokk)、アリエプローグ(Arjeplog)の3つのコミューンにまたがっている。

文化遺産としての側面は、サーメ人(ラップ人)の伝統的生活文化が残されている地域として評価されたものであり、日本語では「サーメ人地域」「ラップ人地域」などと訳されることもしばしばだが、ここではスカンジナビア3カ国の政府観光局による日本語サイトの表記に従い、「ラポニア地域」とする。

概要
ラポニア地域(英語: Laponian Area / フランス語: Région de Laponie)は、スウェーデンの世界遺産の一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  1. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  2. リューベック

    リューベック

  3. リガ

    リガ

  1. オビエド

    オビエド

  2. ラヴォー

    ラヴォー

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. デルベント

    デルベント

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る