ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

ベルギー王国エノー州のラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトは、水力式の船舶昇降機(ボートリフト)で、1998年にユネスコの世界遺産に登録された。

サントル運河には、ムーズ川とエスコー川のそれぞれのドックを連絡している 7 km の水位に、66.2 m の高低差が存在する。この難問をクリアするために、Houdeng-Goegnies には 15.4 m のリフトが1888年に開設され、16.93 m の他の3つのリフトも1917年に開かれた。

エレベーターは二重になっており、2つの垂直に移動するタンクもしくは潜函が鉄柱によって中央に配置されている。二つの柱は水圧式でつながれており、一方が下がるともう一方が上がるようになっている。また、重量も釣り合いが取れるようになっている。

こうしたリフトは19世紀末葉から20世紀初頭にかけて8基建造されたが、世界遺産に登録された4基は、建造当時のままで稼動しているものである。

2002年からは高低差 73 m の昇降が可能という世界最大級のストレピ=ティウ船舶昇降機が完成したため、商業的な運行はそちらが使われるようになった。このため、世界遺産の4基の稼動は、娯楽用の限定的なものになっている。

概要
ベルギー王国エノー州のラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトは、水力式の船舶昇降機(ボートリフト)で、1998年にユネスコの世界遺産に登録された。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  2. ワッデン海

    ワッデン海

  3. トルン

    トルン

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. リガ

    リガ

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. レーロース

    レーロース

  2. ポー川

    ポー川

  3. オビエド

    オビエド

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る