ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

バレンシアにあるラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(スペイン語 : la Lonja de la Seda, バレンシア語 : Llotja de la Seda ;「絹の商品取引所」)は、15世紀後半に建てられた商品取引所で、当時のバレンシアの経済力の大きさを偲ばせる建造物である。これは商業の殿堂と理解されていたもので、機能的・実利的な側面を失うことなく、その極めて明白な象徴的特色を保持している。ゴシック様式の威容を誇るロンハは、プラサ・デル・メルカード(Plaza del Mercado,「商業広場」)31番地にあり、ロス・サントス・フアネス教会やバレンシア中央市場に面している。1996年12月7日にユネスコの世界遺産に登録された。

概要
バレンシアにあるラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(スペイン語 : la Lonja de la Seda, バレンシア語 : Llotja de la Seda ;「絹の商品取引所」)は、15世紀後半に建てられた商品取引所で、当時のバレンシアの経済力の大きさを偲ばせる建造物である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. レーロース

    レーロース

  2. 赤の広場

    赤の広場

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. オビエド

    オビエド

  3. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. ユッセ城

    ユッセ城

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  3. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る