レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(レーティッシュてつどうアルブラせん・ベルニナせんとしゅうへんのけいかん)は、スイスとイタリアが共有する「国境を越える世界遺産」のひとつである。スイスのグラウビュンデン州からイタリアのロンバルディア州ソンドリオ県にかけてを走るレーティッシュ鉄道のアルブラ線とベルニナ線は、登山鉄道で広く見られるラック式を採用していない粘着式鉄道としてはヨーロッパ最高地点を通る鉄道であり、20世紀初頭における技術的到達の優れた例証などとして、2008年にUNESCOの世界遺産リストに加えられた。登録面積約152 haのうち、イタリア領内は3 haである。

概要
レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(レーティッシュてつどうアルブラせん・ベルニナせんとしゅうへんのけいかん)は、スイスとイタリアが共有する「国境を越える世界遺産」のひとつである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リメス

    リメス

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. デルベント

    デルベント

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. エル・エスコリアル修道院

    エル・エスコリアル修道院

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  1. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ロンドン塔

    ロンドン塔

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  3. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  3. ピエンツァ

    ピエンツァ

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る