歴史的城塞都市カルカソンヌ

歴史的城塞都市カルカソンヌ

「歴史的城塞都市カルカソンヌ」は、フランス南西部の都市カルカソンヌのうち、城壁に囲まれた部分を指す、ユネスコ世界遺産としての登録名。世界遺産登録後は、フランス国内ではモン・サン=ミシェルに次ぐ年間来訪者数を誇る一大観光名所となっている。

かつては、この部分だけでカルカソンヌ=シテという独立したコミューンだったが、現在は周辺も含めてカルカソンヌ市となっている(以下、本項目では便宜上「カルカソンヌ」ないし「シテ」はこの旧「カルカソンヌ=シテ」を、「カルカソンヌ市」は現在のコミューンとしてのカルカソンヌを指すものとする)。

ガロ=ローマン期から続くこの都市は、オード川右岸に沿って、現在のカルカソンヌ市内南東部に位置しており、ひとつの城(コンタル城)とひとつのバシリカ(サン=ナゼール大聖堂)を抱えている。

概要
「歴史的城塞都市カルカソンヌ」は、フランス南西部の都市カルカソンヌのうち、城壁に囲まれた部分を指す、ユネスコ世界遺産としての登録名。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. グラーツ

    グラーツ

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. リガ

    リガ

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. イルリサット

    イルリサット

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. ワルシャワ

    ワルシャワ

  3. ラヴォー

    ラヴォー

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

    レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

  1. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  2. レーロース

    レーロース

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. トルン

    トルン

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る