歴史的城塞都市カルカソンヌ

歴史的城塞都市カルカソンヌ

「歴史的城塞都市カルカソンヌ」は、フランス南西部の都市カルカソンヌのうち、城壁に囲まれた部分を指す、ユネスコ世界遺産としての登録名。世界遺産登録後は、フランス国内ではモン・サン=ミシェルに次ぐ年間来訪者数を誇る一大観光名所となっている。

かつては、この部分だけでカルカソンヌ=シテという独立したコミューンだったが、現在は周辺も含めてカルカソンヌ市となっている(以下、本項目では便宜上「カルカソンヌ」ないし「シテ」はこの旧「カルカソンヌ=シテ」を、「カルカソンヌ市」は現在のコミューンとしてのカルカソンヌを指すものとする)。

ガロ=ローマン期から続くこの都市は、オード川右岸に沿って、現在のカルカソンヌ市内南東部に位置しており、ひとつの城(コンタル城)とひとつのバシリカ(サン=ナゼール大聖堂)を抱えている。

概要
「歴史的城塞都市カルカソンヌ」は、フランス南西部の都市カルカソンヌのうち、城壁に囲まれた部分を指す、ユネスコ世界遺産としての登録名。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. オビエド

    オビエド

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  1. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  2. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  3. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. ミケーネ

    ミケーネ

  2. リメス

    リメス

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. メルク修道院

    メルク修道院

  3. ポー川

    ポー川

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る