ロルシュ修道院

ロルシュ修道院

ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュのコデックス・アウレウス(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。

かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝ルドヴィーコ3世(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。

この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された

概要
ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. アランフエス

    アランフエス

  1. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  2. イルリサット

    イルリサット

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. シュトラールズント

    シュトラールズント

  2. トルン

    トルン

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. レーロース

    レーロース

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  3. ミケーネ

    ミケーネ

  1. コインブラ大学

    コインブラ大学

  2. リラ修道院

    リラ修道院

  3. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  1. デルベント

    デルベント

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  2. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  3. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  3. マルボルク城

    マルボルク城

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. グラーツ

    グラーツ

  3. リガ

    リガ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る