ロワール渓谷

ロワール渓谷

ロワール渓谷(ロワールけいこく)は、フランスのロワール川流域に広がる渓谷。アンボワーズ、アンジェ、ブロワ、オルレアン、トゥールといった歴史上の重要都市が点在し、また何よりも数々の名城が現存していることから「フランスの庭園」の異名を取る。また、かつての宮廷が多く置かれ、典雅なフランス語が発達したことから「フランス語の揺籃地」とも呼ばれる。

2000年にメーヌ川からシュリー=シュル=ロワールまでの渓谷の主要部分がユネスコの世界遺産に登録された(登録名は「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」)。なお、これに伴い、1981年に「シャンボールの城と領地」(Chateau and Estate of Chambord) として単独登録されていたシャンボール城は、この物件に包含されることとなった。

概要
ロワール渓谷(ロワールけいこく)は、フランスのロワール川流域に広がる渓谷。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  1. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. リガ

    リガ

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  1. クレムリン

    クレムリン

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. リトミシュル城

    リトミシュル城

  3. メテオラ

    メテオラ

  1. ラポニア地域

    ラポニア地域

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る