ワッデン海

ワッデン海

ワッデン海(ワッデンかい オランダ語:Waddenzee、フリジア語:Waadsee、低地ザクセン語:Wattensee、ドイツ語:Wattenmeer、デンマーク語:Vadehavet)は、北西ヨーロッパ大陸の一部と北海の間に横たわる水域とそれに関連する海岸の湿原の名前である。

ワッデン海は、南西端のオランダのデン・ヘルデルから、ドイツの河口をいくつか越えて、北端のデンマークのエスビャウ北部のSkallingenまで、全長約500kmにわたって、約10,000 km²の面積に広がっている。

ワッデン海は、陸と海が絶えずせめぎあうこの地の、干満のある広大な干潟やそれより深い溝そして群島に代表される。その地形は、大部分が激しい潮流によって形成された。

ワッデン海は、豊かな動物相、鳥類相そして植物相で知られている。今日、ワッデン海の大部分は、周辺3か国の協力で保護されている。ドイツ国境内の保護地域については、ワッデン海国立公園を参照。1987年5月には約15万ヘクタールがラムサール条約登録湿地となった。

オランダ、デンマーク、ドイツ政府は、ワッデン海の保護と保存のため1978年から共に活動している。協力は、政治的問題だけでなく管理、監視、調査に及ぶ。さらに、1982年に、「ワッデン海の保護に関する共同宣言」が、ワッデン海の保護のための対等の活動と方策について合意された。1997年には、「三国間ワッデン海計画」が、採択された。

フリース人の一部は、ワッデン海で伝統的なスポーツすなわち泥歩き(ワドローペン)のレクリエーション、つまり引き潮の海を歩き回ることを習慣的に行う。

島々については、オランダの島の一覧、フリースラント諸島、デンマーク・ワッデン海諸島の当該項目を参照。

“wad”という語は、干潟というオランダ語であることに留意されたい。

概要
ワッデン海(ワッデンかい オランダ語:Waddenzee、フリジア語:Waadsee、低地ザクセン語:Wattensee、ドイツ語:Wattenmeer、デンマーク語:Vadehavet)は、北西ヨーロッパ大陸の一部と北海の間に横たわる水域とそれに関連する海岸の湿原の名前である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. デルベント

    デルベント

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  3. ロワール渓谷

    ロワール渓谷

  1. ラヴォー

    ラヴォー

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  1. ピエンツァ

    ピエンツァ

  2. マルボルク城

    マルボルク城

  3. カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. 水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

    水銀の遺産アルマデンとイドリヤ

  2. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  3. ザモシチ

    ザモシチ

  1. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  2. オビエド

    オビエド

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. リガ

    リガ

  2. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  3. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  3. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. フェラーラ

    フェラーラ

  1. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る