ワルシャワ

ワルシャワ

ワルシャワ(Pl-Warszawa.ogg Warszawa;ヴァルシャヴァ、英: Warsaw)は、ポーランドの首都でかつポーランド最大の都市。マゾフシェ県の県都。中央ヨーロッパの政治、経済、交通の要衝でもある世界都市。ヴィスワ川の中流、マゾフシェ地方に位置し、市内をヴィスワ川が貫通する。第2次世界大戦後、戦火で荒廃した旧市街を「煉瓦のヒビに至るまで」復元して往時の町並みを回復した。1980年にユネスコによって「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産に登録された。

製造業、鉄鋼業、電機産業、自動車産業などの工業都市であり、ワルシャワ大学を初めとするポーランド有数の高等教育機関が集中し、歌劇場やワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団を擁する文化都市でもある。

毎年8月1日の午後5時、サイレンの音を合図にワルシャワ市民の全てがその場で直立不動となり1分間の黙祷を捧げる。歩行者だけでなく、公共交通機関および高速道路を走行している車両を除いた全ての車両も通りのその場で停止、乗車している人々は車外に出て直立不動となる。この1分間は全ワルシャワ市が機能をほぼ完全に停止する。これは1944年8月1日午後5時に開始されたワルシャワ蜂起での犠牲者を追悼する行事。この時刻およびその行事は、ワルシャワ(Warszawa)の頭文字をとって「時刻W」と呼ばれる。

概要
ワルシャワ(Pl-Warszawa.ogg Warszawa;ヴァルシャヴァ、英: Warsaw)は、ポーランドの首都でかつポーランド最大の都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. モデナ大聖堂

    モデナ大聖堂

  3. メルク修道院

    メルク修道院

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  1. アルト・ドウロ・ワイン生産地域

    アルト・ドウロ・ワイン生産地域

  2. ピエンツァ

    ピエンツァ

  3. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. グラーツ

    グラーツ

  2. ポー川

    ポー川

  3. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. コインブラ大学

    コインブラ大学

  3. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  2. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. アランフエス

    アランフエス

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る