アルト・ドウロ・ワイン生産地域

アルト・ドウロ・ワイン生産地域

アルト・ドウロ・ワイン生産地域は、自然環境を上手に生かしたブドウの段々畑で有名である。ドウロ川の上流に位置し、2000年、ユネスコの世界遺産に登録された。アルト・ドウロ地方のブドウ畑は、斜面を段々畑にしてきた。段々畑を支える石壁の総延長は、数万kmに及ぶ。ここで産出されるワインは、ポート・ワインとして世界的に有名でもある。

総面積は25万haに及び、世界遺産の登録面積24,600ha、その緩衝地帯225,400haから構成される。メザオン・フリオ、ペゾ・ダ・レグア、サンタ・マルタ・デ・ペナギアオン、ヴィラ・レアル、アリジョ、サブロサ、カッラゼーダ・デ・アンシアイス、トレド・デ・モンコルヴォ、ラメーゴ、アママル、サン・ジョアン・ダ・ペスケイーラ、ヴィラ・ノヴァ・デ・フォス・コアの13自治体にまたがる世界遺産である。

概要
アルト・ドウロ・ワイン生産地域は、自然環境を上手に生かしたブドウの段々畑で有名である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  3. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  1. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  2. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  3. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  1. 赤の広場

    赤の広場

  2. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. レーロース

    レーロース

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. デルベント

    デルベント

  1. ラウマ旧市街

    ラウマ旧市街

  2. エルチェの椰子園

    エルチェの椰子園

  3. チンクエ・テッレ

    チンクエ・テッレ

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. シュトラールズント

    シュトラールズント

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. ユッセ城

    ユッセ城

  2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る