ミケーネ

ミケーネ

ミケーネ(古代ギリシア語:Μυκηναι、現代ギリシア語:Μυκήνες;Mikenes)はギリシャ・ペロポネソス地方アルゴリダ県の都市。ペロポネソス半島東部に位置する。1872年に、ハインリッヒ・シュリーマンによって遺跡が発掘され、古代ギリシア以前の文明が発見された。これは、この地の名をとってミケーネ文明と呼ばれる。

近隣の都市としては、約30キロ北東にコリント、10キロ南にアルゴスが位置している。

ミケーネの遺跡は、獅子門、円形墳墓A、王室、アトレウスの墳墓が有名で、そのいずれも巨大な切り石を用いた建築である。ミノア文明のものに比べ、これらは非開放的で求心的、かつ重装備である。

概要
ミケーネ(古代ギリシア語:Μυκηναι、現代ギリシア語:Μυκήνες;Mikenes)はギリシャ・ペロポネソス地方アルゴリダ県の都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ライヒェナウ島

    ライヒェナウ島

  3. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  1. エヴォラ

    エヴォラ

  2. アラゴンのムデハル様式の建築物

    アラゴンのムデハル様式の建築物

  3. 赤の広場

    赤の広場

  1. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  2. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  2. セビリア大聖堂

    セビリア大聖堂

  3. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  1. メテオラ

    メテオラ

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

    レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財

  1. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

  2. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. ヴァル・ドルチャ

    ヴァル・ドルチャ

  1. デルベント

    デルベント

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

    イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

  1. ロンドン塔

    ロンドン塔

  2. フェラポントフ修道院

    フェラポントフ修道院

  3. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  1. オビエド

    オビエド

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

    ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

  2. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. リング・オブ・ブロッガー

    リング・オブ・ブロッガー

  2. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  3. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る