福建土楼

福建土楼

福建土楼(ふっけんどろう)とは、中国福建省南西部の山岳地域にある、客家その他の人々による独特の版築建築物。客家土楼(はっかどろう)ともいう。12世紀から20世紀にかけて建てられたものがほとんどである。土楼は通常、外部立ち入り禁止の大きな建物で、長方形か円形をしており、厚い土壁(180センチ以上)と木の骨格から成り、高さは3階か5階、80家族以上が生活している。この土でできた建物は通常1つの入口しか持たず、その入口も、鉄板で頑丈に補強された厚さ10センチから13センチの板戸で守られている。建物の最上階には、盗賊を防御するため、狭間が空けてある。

福建土楼は、初渓 Chuxi 土楼群、田螺坑 Tianluokeng 土楼群、河杭 Hekeng 土楼群、高北 Gaobei 土楼群、華安県の大地 Dadi 土楼群、洪坑 Hongkeng 土楼群、衍香 Yanxiang 楼、怀远 Huiyuan 楼、振福 Zhenfu 楼、和贵 Hegui 楼など、46を数える。これらは2008年、福建の土楼として、ユネスコの世界遺産に登録された。「生活と防衛を集団で行う組織の、特徴的な伝統的建築と機能の例として、またその環境と調和したあり方に関して」優れた点が認められたのである。

概要
福建土楼(ふっけんどろう)とは、中国福建省南西部の山岳地域にある、客家その他の人々による独特の版築建築物。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 楽山大仏

    楽山大仏

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  2. サンチ

    サンチ

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. ルンビニ

    ルンビニ

  3. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  1. インドの山岳鉄道群

    インドの山岳鉄道群

  2. 宏村

    宏村

  3. ラホール城

    ラホール城

  1. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  2. ペルシャ式庭園

    ペルシャ式庭園

  3. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  1. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  2. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  3. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  1. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  2. 万里の長城

    万里の長城

  3. 廬山

    廬山

  1. 麗江古城

    麗江古城

  2. タッター

    タッター

  3. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  1. 輪王寺

    輪王寺

  2. マサダ

    マサダ

  3. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  1. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  2. 屋久島

    屋久島

  3. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  1. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  2. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  3. ブハラ

    ブハラ

  1. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  1. ホイアン

    ホイアン

  2. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  3. 龍安寺

    龍安寺

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る