ゴンバデ・カーブース

ゴンバデ・カーブース

ゴンバデ・カーブース(ラテン文字: Gonbad-e Qabus、ペルシア語: برج گنبد قابوس‎)は、イラン・ゴレスターン州のゴンバデ・カーヴース(英語版)にある塔である。2012年にUNESCOの世界遺産に登録された。

街の中心部にあるこの塔の高さは約72m (土台部分の高さを含む) であり、世界で最も高い「完全レンガ造り」の塔である[1]。

焼きレンガで製作された塔は土台部分が十角形、先端部分が円錐形で構成されており、黄金比Φの近似値である1.618の比率で建設されている。 塔の内部にはムカルナスという装飾様式の初期の例が見られる。 十角形の壁はおよそ3mの厚さで10辺に分かれており、中心からの距離は8.5mである。塔は科学的に綿密な設計に基づいて建築がなされており、塔の外部との入口から自身のエコーを聞くことができる。

ゴンバデ・カーブースは紀元後1006年にズィヤール朝の君主カーブース・ブン・ワシュムギール(英語版) (ペルシア語: شمس المعالي قابوس بن وشمگير‎) の命により建設された。塔はズィヤール朝の首都であったジョルジャーンの古代都市の3km北に位置する。塔は1000年以上の時を経て現代にその姿をとどめている。

クーフィー体による碑文が塔の土台部分にアラビア語で書かれている。

هذا القصر العالي – لامير شمس المعالي – الامير قابوس ابن وشمگير – امر به بنائه في حياته – سنه سبع و تسعين – و ثلثمائه قمريه و سنه خمس و سبعين و ثلثمائه شمسيه

訳:シャムス・アル=マアーリー王子 (カーブース・ブン・ワシュムギールの別名) のために建設されたこの高い宮殿は、アミール・カーブース・ブン・ワシュムギールが自身が生きている間に建設を命じたものであり、ヒジュラ暦397年、ヒジュラ太陽暦375年に建設された。

碑文では塔はズィヤール朝の君主の墓として建設されたと明示していないが、スルターンの体は硝子の棺に入れて塔の天井部分から吊り下げられたと信じられている。

概要
ゴンバデ・カーブース(ラテン文字: Gonbad-e Qabus、ペルシア語: برج گنبد قابوس‎)は、イラン・ゴレスターン州のゴンバデ・カーヴース(英語版)にある塔である。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. 宏村

    宏村

  3. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  1. 西逓村

    西逓村

  2. マサダ

    マサダ

  3. シルクロード

    シルクロード

  1. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  2. ルンビニ

    ルンビニ

  3. ブハラ

    ブハラ

  1. 楽山大仏

    楽山大仏

  2. ムラカ

    ムラカ

  3. 龍安寺

    龍安寺

  1. 麗江古城

    麗江古城

  2. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

    モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群

  3. 輪王寺

    輪王寺

  1. ゴア州

    ゴア州

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  1. 河回村

    河回村

  2. チトワン国立公園

    チトワン国立公園

  3. マルウィヤ・ミナレット

    マルウィヤ・ミナレット

  1. サンチ

    サンチ

  2. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  3. 万里の長城

    万里の長城

  1. タッター

    タッター

  2. 屋久島

    屋久島

  3. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  1. 廬山

    廬山

  2. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  3. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  1. マナス国立公園

    マナス国立公園

  2. マカオ歴史地区

    マカオ歴史地区

  3. アッコ

    アッコ

  1. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  2. ペトラ

    ペトラ

  3. ブッダガヤの大菩提寺

    ブッダガヤの大菩提寺

  1. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  2. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  3. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る