シャフリサブス

シャフリサブス

シャフリサブス(ウズベク語:Shahrisabz/Шахрисабз)は、ウズベキスタンの都市。カシュカダリヤ州に属する。サマルカンドの南約80kmに位置する人口約53,000人の町である。高度はおよそ622mある。かつては、中央アジアにおける主要都市だった歴史を誇り、今日では、14世紀にトルキスタンを席巻したティムールが誕生した場所として知られる。町の名前は、ペルシア語: شهر سبز‎, シャフレ・サブズ‎(緑の町の意)に由来する。語源については諸説存在するが、街を中心に広がるオアシスが緑にあふれていた様子に由来する説が有力である。

2000年に、15世紀のティムール朝時代に建築された建物の現存する地区がユネスコの世界遺産に登録された。

概要
シャフリサブス(ウズベク語:Shahrisabz/Шахрисабз)は、ウズベキスタンの都市。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. 西逓村

    西逓村

  2. 龍安寺

    龍安寺

  3. マナス国立公園

    マナス国立公園

  1. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  2. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  3. ゴア州

    ゴア州

  1. ロレンツ国立公園

    ロレンツ国立公園

  2. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  3. タッター

    タッター

  1. ブハラ

    ブハラ

  2. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  3. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  1. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  2. マラッカ海峡

    マラッカ海峡

  3. 輪王寺

    輪王寺

  1. アジャンター石窟群

    アジャンター石窟群

  2. 鹿苑寺

    鹿苑寺

  3. 明・清王朝の皇帝墓群

    明・清王朝の皇帝墓群

  1. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  2. メルブ遺跡

    メルブ遺跡

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  2. ボロブドゥール寺院遺跡群

    ボロブドゥール寺院遺跡群

  3. 平遥古城

    平遥古城

  1. アッコ

    アッコ

  2. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. ポロンナルワ

    ポロンナルワ

  3. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  1. ペトラ

    ペトラ

  2. ホイアン

    ホイアン

  3. シャーラマール庭園

    シャーラマール庭園

  1. モヘンジョダロ

    モヘンジョダロ

  2. 万里の長城

    万里の長城

  3. 法隆寺地域の仏教建造物

    法隆寺地域の仏教建造物

  1. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  2. ムラカ

    ムラカ

  3. 楽山大仏

    楽山大仏

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る