スホクラントとその周辺

スホクラントとその周辺

スホクラント (Schokland) は、オランダ フレヴォラント州の干拓地北東ポルダー内にある、元はゾイデル海に浮かぶ島であった場所。アイセル川の河口の北、北東ポルダーの南部にあたる部分に南北に細長く延びている。

島の住民は独自の方言や文化を育んでいたが、高潮で危険であるとして19世紀に放棄された。1942年には、ゾイデル海開発の一環となる北東ポルダー干拓工事によって陸続きとなり、島でなくなった。しかし、低い干拓地の中に若干盛り上がった場所があることから、かつて島であったことがうかがえる。また、Middelbuurt 集落のあった場所には、水際の擁壁の一部が昔のまま残っている。

概要
スホクラント (Schokland) は、オランダ フレヴォラント州の干拓地北東ポルダー内にある、元はゾイデル海に浮かぶ島であった場所。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  3. モン・ペルデュ

    モン・ペルデュ

  1. サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

    サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院

  2. リヴィウ

    リヴィウ

  3. ラス・メドゥラス

    ラス・メドゥラス

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. ポー川

    ポー川

  3. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. メテオラ

    メテオラ

  3. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  2. モルダヴィア北部の壁画教会群

    モルダヴィア北部の壁画教会群

  3. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

    ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

  1. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  2. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  3. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  1. カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス

  2. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  3. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  1. ヴァッハウ渓谷

    ヴァッハウ渓谷

  2. リメス

    リメス

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. ルーゴ (スペイン)

    ルーゴ (スペイン)

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. ロドスの中世都市

    ロドスの中世都市

  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ

    サンティアゴ・デ・コンポステーラ

  3. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  1. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  2. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  3. リトミシュル城

    リトミシュル城

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る