ヴァル・ドルチャ

ヴァル・ドルチャ

ヴァル・ドルチャ (Val d’Orcia) トスカーナ州シエナ県にある広い谷で、北東にはモンテ・アミアータとウンブリア州との州境がある。ヴァル・ドルチャとは、「オルチャの谷」と言う意味を表し、オルチャ渓谷とも訳される。

名前の元となったオルチャ川が中央を横切り、美しい風景が拡がり、中世に起源を持つ様々な街があり、その中の二つピエンツァとモンタルチーノは特筆に値する。

元はシエナの領土であった。粘土質の土壌のため耕作に向かない土地だったが、約300年に渡る土壌改良の結果、現在のような田園風景が誕生した。現在はワイン用の葡萄栽培が盛んである。

また、渓谷を横断する道は中世にローマやエルサレムへの主要な巡礼路として使われ、多くの巡礼者や商人たちが行き交った。

ヴァル・ドルチャに含まれているコムーネは、カスティリオーネ・ドルチャ、モンタルチーノ、ピエンツァ、ラディコーファニ、サン・クイーリコ・ドルチャである。他の重要な町はモンティッキエッロ、バーニョ・ヴィニョーニ、モンテネーロ・ドルチャとモンテジョーヴィである。

多くの農事業者や農家、要塞、塔などが分散して、離れ離れになって静かなこの場所にある。

特徴的な木は道の両側に等間隔に植えられた糸杉(由来は不明)。名産は「ペコリーノ・ディ・ピエンツァ」と「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」。

概要
ヴァル・ドルチャ (Val d'Orcia) トスカーナ州シエナ県にある広い谷で、北東にはモンテ・アミアータとウンブリア州との州境がある。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  2. ヴァルトブルク城

    ヴァルトブルク城

  3. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  1. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  2. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

    モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地

  3. ヤロスラヴリ

    ヤロスラヴリ

  1. ライン渓谷中流上部

    ライン渓谷中流上部

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. ワッデン海

    ワッデン海

  1. リヨン歴史地区

    リヨン歴史地区

  2. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  3. メリダ (スペイン)

    メリダ (スペイン)

  1. メルク修道院

    メルク修道院

  2. アランフエス

    アランフエス

  3. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  1. イルリサット

    イルリサット

  2. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  3. ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

    ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. オビエド

    オビエド

  1. ザモシチ

    ザモシチ

  2. トルン

    トルン

  3. ロルシュ修道院

    ロルシュ修道院

  1. ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔

  2. リェヴィシャの生神女教会

    リェヴィシャの生神女教会

  3. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  1. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. ポー川

    ポー川

  1. マルボルク城

    マルボルク城

  2. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  3. サナイン修道院

    サナイン修道院

  1. リヴィウ

    リヴィウ

  2. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  3. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る