ケルアン

ケルアン

ケルアン(アルファベット表記Kairouan,Kairwan, Kayrawan, Al Qayrawan、アラビア語表記では القيروان)はチュニジアの都市で、首都チュニスの南160kmにある。2003年時点で、15万人が暮らす。ケルアンは670年頃に建設が始まり、名前は”キャンプ”,”キャラバン”,”休憩場所”を意味するアラビア語のkairuwân,ペルシア語でのKâravânに由来する。ケルアン県の県都である。ケルーアン、カイルーアン、カイルアン、カイラワーンとも表記される。

Kwesi Prah教授による“Towards A Strategic Geopolitic Vision of Afro-Arab Relations” という題の論文では「アラブは670年にはチュニジアを手にし、675年にはケルアンの建設を完了させた。この都市は北アフリカにおける第一のアラブ拠点になることになる。中世には、ケルアンはマグリブ地方のイスラームの中心地としての重要性から、イスラム世界でマッカ、マディーナに次ぐ第3の聖都となった。」と述べられている。

概要
ケルアン(アルファベット表記Kairouan,Kairwan, Kayrawan, Al Qayrawan、アラビア語表記では القيروان)はチュニジアの都市で、首都チュニスの南160kmにある。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. アブ・シンベル神殿

    アブ・シンベル神殿

  3. スース

    スース

  1. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  2. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  3. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  1. ファジル・ゲビ

    ファジル・ゲビ

  2. メクネス

    メクネス

  3. W国立公園

    W国立公園

  1. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  2. ドゥッガ

    ドゥッガ

  3. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  1. モザンビーク島

    モザンビーク島

  2. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  3. フェズ

    フェズ

  1. マプングブエ

    マプングブエ

  2. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  3. トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群

  1. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  2. ムザブ

    ムザブ

  3. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  1. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  2. マラケシュ

    マラケシュ

  3. ツォディロ

    ツォディロ

  1. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  2. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  3. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. ナミブ砂漠

    ナミブ砂漠

  3. ティヤ

    ティヤ

  1. ロベン島

    ロベン島

  2. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  3. フィラエ神殿

    フィラエ神殿

  1. テーベ

    テーベ

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る