インドの山岳鉄道群

インドの山岳鉄道群

インドの山岳鉄道群とはユネスコの世界遺産登録物件のひとつである。インドの山岳部を走る鉄道を対象とするものであるが、1999年に「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」の名で登録された段階ではその名の通りダージリン・ヒマラヤ鉄道のみが対象とされていた。2005年にニルギリ山岳鉄道が登録対象に加えられた際に、現在の名称に変更された。その後、2008年にはカールカー=シムラー鉄道が拡大登録された。

2008年現在運行しているインドの山岳鉄道は、あとまだ1つマーテーラーン丘陵鉄道 (Matheran Hill Railway) が存在する。インド政府はこれも拡大登録されることを目指し暫定リストに加えられたが、2010年の第34回世界遺産委員会でICOMOSは不登録を勧告し、これ以上インドの山岳鉄道群 を拡大登録しないように要請した。これによりインド政府は推薦を辞退した。

概要
インドの山岳鉄道群とはユネスコの世界遺産登録物件のひとつである。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. マダイン・サーレハ

    マダイン・サーレハ

  2. 龍安寺

    龍安寺

  3. イランのアルメニア人修道院建造物群

    イランのアルメニア人修道院建造物群

  1. ムラカ

    ムラカ

  2. ペルセポリス

    ペルセポリス

  3. ルアン・パバンの町

    ルアン・パバンの町

  1. ラホール城

    ラホール城

  2. 龍門洞窟

    龍門洞窟

  3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群

    琉球王国のグスク及び関連遺産群

  1. 万里の長城

    万里の長城

  2. アーグラ城塞

    アーグラ城塞

  3. ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

    ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

  1. マサダ

    マサダ

  2. ブハラ

    ブハラ

  3. ゴンバデ・カーブース

    ゴンバデ・カーブース

  1. ミーソン聖域

    ミーソン聖域

  2. 琉球王国のグスク

    琉球王国のグスク

  3. 明治日本の産業革命遺産

    明治日本の産業革命遺産

  1. 富士山―信仰の対象と芸術の源泉

    富士山―信仰の対象と芸術の源泉

  2. ロータス・フォート

    ロータス・フォート

  3. アッコ

    アッコ

  1. ベヒストゥン碑文

    ベヒストゥン碑文

  2. タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーン

  3. 屋久島

    屋久島

  1. 福建土楼

    福建土楼

  2. 胡朝の城塞

    胡朝の城塞

  3. タフテ・バヒー

    タフテ・バヒー

  1. タッター

    タッター

  2. ルンビニ

    ルンビニ

  3. マハーバリプラム

    マハーバリプラム

  1. 楽山大仏

    楽山大仏

  2. 河回村

    河回村

  3. 麗江古城

    麗江古城

  1. 廬山

    廬山

  2. ワディ・ラム

    ワディ・ラム

  3. ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

    ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

  1. アユタヤ歴史公園

    アユタヤ歴史公園

  2. 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

    北京と瀋陽の明・清王朝皇宮

  3. 屋久島

    屋久島

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る