アスキアの墓

アスキアの墓

アスキアの墓は、マリ共和国ガオ地方にある15世紀末の遺跡で、ソンガイ帝国最盛期の皇帝アスキア・ムハンマドの墓地と考えられている。

西アフリカのサヘル地帯における伝統的な泥の建造物群の優れた例証として、2004年にユネスコの世界遺産に登録された。この遺跡には、ピラミッド状の墓、2つのモスク、墓地とその周辺が含まれている。ピラミッド状の墓は高さ17メートルで、この地方の植民地化以前の建造物群の中では最大を誇る。また、同時にこの地方に広がっていくこととなるイスラーム建築様式を採り入れた最初のものでもある。

この一帯は20世紀以降にも手を加えられており、1960年代から1970年代半ばにモスクが拡張されたほか、1999年には一帯を取り囲む壁が建造された。また、建造物群は泥で出来ていることから、定期的に塗り直しが行われてきた。2000年代初めには天井の扇風機を回したり、照明・音響器具を使うために電気が引かれた。

「アスキア」の名は一般的にはモスクの名として、そして都市の共有物となっている文化的中心地の名として用いられている。この遺跡と周辺の緩衝地域は、国と地方の法令によって保護されている。

2012年の第36回世界遺産委員会において、マリ北部の地域紛争を理由として、トンブクトゥとともに、危機にさらされている世界遺産(危機遺産)リストに登録された。

概要
アスキアの墓は、マリ共和国ガオ地方にある15世紀末の遺跡で、ソンガイ帝国最盛期の皇帝アスキア・ムハンマドの墓地と考えられている。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. トゥウェイフルフォンテーン

    トゥウェイフルフォンテーン

  2. ロペ=オカンダ

    ロペ=オカンダ

  3. テトゥアン

    テトゥアン

  1. ンゴロンゴロ保全地域

    ンゴロンゴロ保全地域

  2. マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園

  3. ラリベラの岩窟教会群

    ラリベラの岩窟教会群

  1. レプティス・マグナ

    レプティス・マグナ

  2. マラウイ湖国立公園

    マラウイ湖国立公園

  3. マプングブエ

    マプングブエ

  1. ヌビア遺跡

    ヌビア遺跡

  2. マナ・プールズ

    マナ・プールズ

  3. ケルアン

    ケルアン

  1. ジーザス要塞

    ジーザス要塞

  2. マラケシュ

    マラケシュ

  3. ニンバ山厳正自然保護区

    ニンバ山厳正自然保護区

  1. ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

    ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

  2. ヴィクトリアの滝

    ヴィクトリアの滝

  3. リフタスフェルト

    リフタスフェルト

  1. ルウェンゾリ山地国立公園

    ルウェンゾリ山地国立公園

  2. ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)

  3. バサリ地方

    バサリ地方

  1. テーベ

    テーベ

  2. トンブクトゥ

    トンブクトゥ

  3. バン・ダルガン国立公園

    バン・ダルガン国立公園

  1. 泥のモスク

    泥のモスク

  2. チョンゴニの岩絵地域

    チョンゴニの岩絵地域

  3. ロロペニの遺跡群

    ロロペニの遺跡群

  1. メンフィス (エジプト)

    メンフィス (エジプト)

  2. 南アフリカの人類化石遺跡群

    南アフリカの人類化石遺跡群

  3. マトボ

    マトボ

  1. ワディ・アル・ヒタン

    ワディ・アル・ヒタン

  2. フィンボス

    フィンボス

  3. ル・モーン・ブラバン

    ル・モーン・ブラバン

  1. ムザブ

    ムザブ

  2. ベニ・ハンマードの城塞

    ベニ・ハンマードの城塞

  3. メクネス

    メクネス

  1. ドゥッガ

    ドゥッガ

  2. メンフィスとその墓地遺跡

    メンフィスとその墓地遺跡

  3. アガデス

    アガデス

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る