アラゴンのムデハル様式の建築物

アラゴンのムデハル様式の建築物

アラゴンのムデハル様式の建築物は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件で、スペイン・アラゴン州の10の建築物からなる。ムデハル様式とは、イスラム文化の様式を取り入れた中世スペインの建築や装飾の様式で、12世紀から16世紀にアラゴンやカスティーリャで盛んになった。

1986年、テルエルの4つの建築物が「テルエルのムデハル様式の建築物」として世界遺産に登録された。

サンタ・マリア大聖堂の塔、屋根、ドーム
サン・ペドロ教会と塔
サン・マルティン教会と塔
エル・サルバドル教会の塔
1990年代にサラゴサの住民がアラゴンには重要なムデハル様式の建築物が他にもあることに気づいた。2001年、この世界遺産は改名され、6つの建築物が追加された。

カラタユー – サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔。
セルベラ・デ・ラ・カニャーダ – サンタ・テクラ教区教会
トベド – サンタ・マリア教会
サラゴサ – アルハフェリア宮殿のムデハル様式の遺跡
サラゴサ – ラ・セオの後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム。
サラゴサ – サン・パブロ教会の塔と教区教会

概要
アラゴンのムデハル様式の建築物は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件で、スペイン・アラゴン州の10の建築物からなる。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. セゴビア旧市街と水道橋

    セゴビア旧市街と水道橋

  2. トルン

    トルン

  3. リラ修道院

    リラ修道院

  1. リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

    リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

  2. ミケーネ

    ミケーネ

  3. アルビの司教都市

    アルビの司教都市

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. シュトラールズント

    シュトラールズント

  1. ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

    ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群

  2. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  3. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

    レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

  1. レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

    レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

  2. スホクラントとその周辺

    スホクラントとその周辺

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

    ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

  2. ロスキレ大聖堂

    ロスキレ大聖堂

  3. イナクセシブル島

    イナクセシブル島

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

    ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

  2. クレムリン

    クレムリン

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. アテナイのアクロポリス

    アテナイのアクロポリス

  2. アントニヌスの長城

    アントニヌスの長城

  3. 歴史的城塞都市クエンカ

    歴史的城塞都市クエンカ

  1. グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

    グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

  2. ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

    ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

  3. アルハンブラ宮殿

    アルハンブラ宮殿

  1. モン・サン=ミシェル

    モン・サン=ミシェル

  2. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  3. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  1. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  2. リューベック

    リューベック

  3. コインブラ大学

    コインブラ大学

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. サナイン修道院

    サナイン修道院

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ワッデン海

    ワッデン海

  2. ローマ帝国の国境線

    ローマ帝国の国境線

  3. ワルシャワ

    ワルシャワ

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る