アラゴンのムデハル様式の建築物

アラゴンのムデハル様式の建築物

アラゴンのムデハル様式の建築物は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件で、スペイン・アラゴン州の10の建築物からなる。ムデハル様式とは、イスラム文化の様式を取り入れた中世スペインの建築や装飾の様式で、12世紀から16世紀にアラゴンやカスティーリャで盛んになった。

1986年、テルエルの4つの建築物が「テルエルのムデハル様式の建築物」として世界遺産に登録された。

サンタ・マリア大聖堂の塔、屋根、ドーム
サン・ペドロ教会と塔
サン・マルティン教会と塔
エル・サルバドル教会の塔
1990年代にサラゴサの住民がアラゴンには重要なムデハル様式の建築物が他にもあることに気づいた。2001年、この世界遺産は改名され、6つの建築物が追加された。

カラタユー – サンタ・マリア教会の後陣、回廊、塔。
セルベラ・デ・ラ・カニャーダ – サンタ・テクラ教区教会
トベド – サンタ・マリア教会
サラゴサ – アルハフェリア宮殿のムデハル様式の遺跡
サラゴサ – ラ・セオの後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム。
サラゴサ – サン・パブロ教会の塔と教区教会

概要
アラゴンのムデハル様式の建築物は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件で、スペイン・アラゴン州の10の建築物からなる。

あなたにおすすめの世界遺産動画

  1. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

    ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

  2. デルベント

    デルベント

  3. エディンバラ新市街

    エディンバラ新市街

  1. エンゲルスバーリ製鉄所

    エンゲルスバーリ製鉄所

  2. アルベロベッロのトゥルッリ

    アルベロベッロのトゥルッリ

  3. トルン

    トルン

  1. イスタンブルの歴史地区

    イスタンブルの歴史地区

  2. エヴォラ

    エヴォラ

  3. インディアス総合古文書館

    インディアス総合古文書館

  1. アントニ・ガウディの作品群

    アントニ・ガウディの作品群

  2. ロンドン塔

    ロンドン塔

  3. リヴィウ

    リヴィウ

  1. ワルシャワ

    ワルシャワ

  2. パルテノン神殿

    パルテノン神殿

  3. サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

    サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

  1. 聖マーティン教会

    聖マーティン教会

  2. ヴィエリチカ岩塩坑

    ヴィエリチカ岩塩坑

  3. ユッセ城

    ユッセ城

  1. リトミシュル城

    リトミシュル城

  2. オビエド

    オビエド

  3. チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

    チレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園

  1. アングラ・ド・エロイズモ

    アングラ・ド・エロイズモ

  2. ザモシチ

    ザモシチ

  3. リガ

    リガ

  1. サナイン修道院

    サナイン修道院

  2. ハフパット修道院

    ハフパット修道院

  3. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

    ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

  1. サン・パウ病院

    サン・パウ病院

  2. ルクセンブルク (都市)

    ルクセンブルク (都市)

  3. カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ

  1. 聖オーガスティン修道院

    聖オーガスティン修道院

  2. アイアンブリッジ峡谷

    アイアンブリッジ峡谷

  3. ラポニア地域

    ラポニア地域

  1. アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河

  2. フェラーラ

    フェラーラ

  3. ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

    ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル

  1. レーロース

    レーロース

  2. アマルフィ海岸

    アマルフィ海岸

  3. レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

    レドニツェとヴァルチツェの文化的景観

facebook コメント
コメント
ページトップへ戻る